コボリジュンコのプロフィール

スポンサーリンク

コボリジュンコ

東京在住/富山県出身
逆算手帳」考案者/手帳カウンセラー/GYAKUSAN株式会社 代表取締役 CEO

手帳や日記を活用することで夢を実現するスペシャリスト。
2004年に起業。会社設立前後の多忙すぎる日々に耐えきれず、藁にもすがる思いで手帳を使い始める。
手帳でスケジュールやタスク管理をする一方、ワークスタイル・ライフスタイルを見直して理想の生き方・働き方を模索。なにをやっても三日坊主で続けることができなかったが、手帳を活用して運動を習慣化し、ダイエットに成功。
2009年1月11日からスタートしたブログは一日も欠かすことなく更新し続け、「元気がでる」「やる気がでる」ブログとして知られるようになり、3万人以上のファンがいる。ブログ連続更新日数は2,900日超。
手帳活用術、継続力や習慣化をテーマに雑誌等からの取材を受けるようになる。
(※ テレビや雑誌などの取材対応については、メディア・取材対応 をご覧ください)

趣味はウルトラマラソン。
夢はサハラマラソン(250km)を女性最高齢で完走すること。

◆オリジナル手帳
2016年9月、コボジュンプロデュースのオリジナル手帳「GYAKUSAN planner (逆算手帳)」と「GYAKUSAN Weekly (逆算ウィークリー)」を新発売。
逆算手帳オフィシャルサイト

◆セミナー
全国各地(東京・仙台・名古屋・富山・金沢・大阪・京都・福岡)でセミナーを開催中。

◆ブログ
子どもの頃から何をやっても続かない根っからの「三日坊主」だったが、「地味にコツコツ続けるコツ」をマスターし、[名言コツコツ]は一日も欠かすことなく毎日更新し続けている。
今日でブログ連続更新 日目。
目標はブログ連続更新10,000日(10,000日 ≒ 27年5ヶ月)。

◆著書
1年後の毎日が変わる! あなたの夢を叶える「100年日記」』(大和出版)
朝の名言インストール』『夜の名言インストール』(ともにルックナゥ)

1年後の毎日が変わる!  あなたの夢を叶える「100年日記」  朝の名言インストール  今日のやる気をチャージする (hope books)  夜の名言インストール   一日の脳をリセットする (hope books)

なぜ手帳を使い始めたのか?

手帳を使い始める前は、「暗黒時代」でした。
とにかく毎日が忙しい。朝早くから深夜まで頑張っていたのに、一向に光が見えてこない。
「こんなに頑張っているのに、どうして良くならないの??」
頑張れば頑張るほど、努力が空回りしているようで虚しくなるばかり。

「これをしなきゃ。そうだ、あれもやらなきゃ」と、やらなくてはいけないことに追われる毎日。
朝目覚めても疲れが残っていて、「また今日もやらなくちゃいけないことがたくさんある」と思うと気分もどんより。

「もうこんな毎日にはうんざり! どうにかして抜け出さなくちゃ!!」と決心。
何か良い方法はないかと模索していたとき、とあるブログで手帳(フランクリン・プランナー)を使えば上手くいくらしいということを知り、すぐに手帳を買いに走りました。

手帳を使って何が良くなった?

手帳を使う前は、納期などのスケジュールをカレンダーに簡単に書くだけ。
あとは頭の中でプロジェクト毎の進捗管理やToDoを管理しようとしていました。
常に数十件のプロジェクトを抱えており、当然のことながらプロジェクト毎に進捗はバラバラ。誰になにを担当してもらい、それぞれの工程をいつまでに仕上げてもらう必要があるのか等々、すべて頭の中でやりくりしていたということ。
(今考えると、かなり無茶なことをしていたわけで、頭がパンクするのも当然だった)

それまで頭で考えていたこと・覚えていたこと(覚えようとしていたこと)をすべて手帳に書き出していくと、なんと、頭がすっごくラク!
やらなきゃいけないことが減るわけじゃないけど、「書く」だけでこれほど頭がラクになるのかと感動しました。

やるべきタスクに優先順位をつけて、ひとつずつこなしていく。さらに時間を効率的に使うテクニックなど、手帳術を次々と試して、使えば使うほどに手帳の良さがわかるようになり、自他共に認める「手帳オタク」になっていきました。

こうして忙しすぎる毎日からは抜け出せた、はずなのに・・・。

どうして満たされないの?

手帳が素晴らしいツールだということはわかった。
そしてやるべきことを上手く処理する方法もわかった。
時間も有効に使えるようになってきた。

それなのに、なぜか満たされない。
前へ進んでいるという実感が持てない。

「もっと上手く手帳を使えるようになれば解決できるのかな?」
そう考えていたときに出会ったのが、『一冊の手帳で夢は必ずかなう』(熊谷正寿 著/かんき出版)という本。この本に「夢がなければ夢をかなえることはできない」と書かれていて、ハッとしました。

そう、私には夢(目的地)がなかった。
手帳を使って「やらなければいけない」ことをこなすのは上手くなったけど、「やりたいこと」ができていない。だから、満たされなかった。

目的地を決めていなかったから、どちらが前かもわからない。
だから前へ進んでいるという実感をもつことができなかった。

それまでは「やらなければいけない」ことばかりを考えていたので、いざ「やりたいこと」をやろうと思っても、なにがやりたいのかわからない。

どうしたら夢をみつけられる?

いきなり「夢はなんだろう?」と考えてみてもサッパリわからない。

まずは「やりたいことリスト」を書いてみようと思ったけれど、書き方がわからない。
やりたいことを思いつくままに好きなように書いていけばいいと言われても、なにも思い浮かばない。

そこで、Have(欲しいもの)・Do(やってみたいこと/成し遂げたいこと)・Be(こんなふうになりたいという理想像) という3つに分けて考えていきました。
(詳しくは「心がウキウキする「やりたいことリスト」の書き方・作り方」にて紹介しています)

「やりたいことリスト」だけでは夢(目的地)をみつけられないので、「自分磨きピラミッド」という形にまとめていきました。
その結果、自分が一生かけて本気で実現させたい夢、ライフワークといえるものをみつけることができました。

夢を叶えるにはどうしたらいい?

夢をみつけることができて、「これで私の人生、バラ色だー♪」と喜んだのも束の間。

いつも目先のことに振り回されて夢のことは忘れてしまう日々。
夢はいつまで経ってもはるか遠くにあって、手が届かないまま。

せっかく夢をみつけたのに、このままでは夢を叶えることができない。
どうしたら夢に近づいていくことができるだろう?

こうして試行錯誤するうちに辿り着いたのが、「100年日記」というツールです。

「100年日記」といっても、100年間書き続ける日記ということではありません。
3年日記や5年日記といった連用日記を応用したのが「100年日記」で、年数の制限なく長く使い続けることができるという意味の100年です。

「100年日記」を使うと、人生全体を俯瞰したうえで自分にとって大切なことを意識し、毎日夢にむかって一歩ずつ前へ進んでいくことができるようになります。

(詳細は『1年後の毎日が変わる! あなたの夢を叶える「100年日記」』にて)

夢のひとつだったオリジナル手帳

「100年日記」のセミナーを開催しているうちに気づきました。
将来どうなりたいのか、ビジョンを描けていない人が多いこと。夢や目標があっても、具体的な計画を立てていない人が多いこと。

目的地が定まらなければ、過去の私と同じように「やらなければいけない」ことをこなすだけで、前へ進んでいるという実感をもつことが出来ません。

そこで、目的地として「こうありたい」というワクワクする未来(=ビジョン)を明確にできる手帳を作ることにしました。
ビジョンを実現するための計画(プランニング)もしっかり出来る手帳です。

オリジナル手帳の制作は数年来の夢でしたが、その夢をついに叶えることができます。

これから叶えたい夢

運動音痴で逆上がりは生まれてこのかた一度も出来たことがなく、運動会のかけっこでは必ずビリだったのに、2015年9月に丹後ウルトラマラソン(60km)を完走し、5年越しの夢を叶えてウルトラマラソンランナーになることができました!

これから叶えたい夢の主なものは、
  「スパルタスロンを完走すること」
  「サハラマラソンを女性最高齢で完走すること」
  「100歳で100kmマラソンを完走すること」
の3つ。

もちろんマラソン以外の夢もあります。
「世の中をご機嫌な人だらけにしたい」というのが私の大きな夢。
そのための具体的な手段として、手帳や日記の活用法を広めることでご機嫌な人を増やしていきます。

「やらなきゃいけないこと」を真面目に一生懸命こなしているけれど、なにか満たされないと感じている人。
なにか夢中になれることに熱中して、充実感を得たいと思っている人。
平凡でつまらない毎日を、目覚めた瞬間からわくわくしている毎日に変えたい人。

そんな人たちに「毎日が充実している」と実感できるような手帳・日記の活用法をお伝えしたいと願っています。

カウンセリング、取材・セミナー講師のご依頼など

<カウンセリングについて>
手帳&日記カウンセリングの詳細・お申し込みは こちらのページ をご覧ください。

<取材について>
これまでのテレビや雑誌などの取材対応については、メディア・取材対応 をご覧ください。

<セミナー講師について>
手帳や日記、ノート、メモ術など、「書く」ことをテーマにしたセミナー講師を行います。
直近のセミナーについては 100年日記セミナー をご覧ください。

※ コボリジュンコへのご連絡は お問い合せフォーム からお願い致します。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加