「マクロレンズが欲しい!けど高くて・・・」と悩んでいるアナタへ

Panasonicのミラーレス一眼カメラ LUMIX GF1(シェルホワイトのパンケーキセット)を下取りしてもらい、新しいカメラ LUMIX GM1SK(レンズキット ブラウン DMC-GM1SK-T)を手に入れた。

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(20mm/F1.7パンケーキレンズ付属) シェルホワイト DMC-GF1C-W

小さく、軽くなり、Wi-Fi にも対応している。素晴らしい!

GF1はシャッター音がすごく大きくて犬や猫、赤ちゃんの撮影が難しかったんだけど、GM1SKは「電子シャッター方式」が選択できるようになり、とーっても静かだ。
だから犬や猫を驚かせることもないし、静かな場所での撮影も気がラクになった。素晴らしい!

Panasonic ミラーレス一眼カメラ GM1S レンズキット ブラウン DMC-GM1SK-T

新しいデジタル一眼カメラを手に入れて浮かれていたのも束の間、次第に標準のキットレンズでは物足りなく感じてくる。

そう、交換レンズが欲しいのだぁーーー!!!

真っ先に欲しいと思ったのが、マクロレンズ。
キットレンズの望遠端(35mm換算で64mm)では30cm、広角端(35mm換算で24mm)では20cmまでしか寄ることができない。

もっと寄って大きく撮りたくて、うずうずしてくる。

でも、マクロレンズは高い。
私が欲しいと思った「Panasonic マイクロフォーサーズ用 ライカ DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S 単焦点 マクロレンズ H-ES045」は、定価 102,600円、Amazon の割引価格でも 61,394円もする(2015/7/17時点)。
中古レンズ価格もチェックしたが、価格差は少ない。

もうちょっとお手頃価格のマクロレンズもあるけど、レンズを買うのに中途半端な妥協をするのも嫌だ。

どうしたらいいかネットで情報を漁ってみたところ、「クローズアップレンズ」というものがあることを発見した。

しかも、値段がほんの数千円!

ライカのマクロレンズの20分の1程の値段で近接撮影ができるらしい。

しかも小さくて軽い。
キットレンズの前面に取り付けるだけという手軽さも嬉しい。
つまり、レンズ交換をしなくてもいいということ。
「レンズ」という名前だけど、実質的にレンズフィルターだ。

GM1SK のキットレンズ径は37mm。
購入したクローズアップレンズのサイズは52mm。
37mm レンズに 52mm を取り付けるために変換用のステップアップリングというのを使っている(下の写真の薄っぺらいヤツ)。

150717_7

カメラに装着してみた。
キットレンズはシルバー。その先の黒い部分がクローズアップレンズ+ステップアップリング。

150717_5

キットレンズは繰り出し式で、収納した状態では上の写真のように 52mm のクローズアップレンズがピッタリサイズに見える。

撮影時にはレンズを繰り出すのだが、繰り出すと下の写真のようになって、ちょっといびつではある。
けど、そんなことは気にしない。

150717_6

ほんの数千円のシロモノで本当に大丈夫なのか疑っていると思う。
だからどれほどの違いがあるかを試し撮りしてきたので見て欲しい。

まずはキットレンズの望遠端(35mm換算で64mm)でギリギリまで寄って撮影した写真がこちら。

150717_1

そしてクローズアップレンズを装着してギリギリまで寄ったのがコレ。

どうよぉーーー、キレイでしょ~?

150717_2

サンプルをもうひとつ。
これもキットレンズの望遠端(35mm換算で64mm)でギリギリまで寄って撮影した写真。

150717_3

クローズアップレンズを装着してギリギリまで寄ったのがコレ。

背景のボケ具合の違いがよくわかるでしょ?

150717_4

もちろん高価なマクロレンズを使えばさらに美しい写真を撮影できるのだと思う。

けど予算的に厳しいからという理由で諦めているのなら、クローズアップレンズを試す価値は十分にあると思うよ。

私が購入したクローズアップレンズは「Kenko カメラ用フィルター AC クローズアップレンズ No.5 52mm 近接撮影用 352069」で、Amazon 価格 1,936円(通常配送無料)だった。

37mm レンズに 52mm を取り付けるために変換用のステップアップリングは「Kenko レンズアクセサリ ステップアップリング 37-52mm(P=0.75) 小口径レンズフィルター変換用 887387」で、Amazon 価格 1,505円(通常配送無料)だった。

      Kenko カメラ用フィルター AC クローズアップレンズ No.5 52mm 近接撮影用 352069      Kenko レンズアクセサリ ステップアップリング 37-52mm(P=0.75) 小口径レンズフィルター変換用 887387

KenkoのクローズアップレンズにはNO.1からNO.10まで種類があり、NO.数値が大きいほど被写体により接近して大きく写すことができる。
私は程よく近接撮影をしたかったのでNO.5という真ん中ぐらいのものを選んだ。

選ぶときには Kenkoホームページの「クローズアップレンズの種類と選び方」をチェックしてみるといい。
自分のカメラレンズのレンズ径と最短撮影距離を取扱説明書で確認して、適切なものを選ぼう。

ケラレ(フィルターの端が写りこんで周辺が暗くなってしまうこと)が心配な場合は、レンズ径よりも大きいクローズアップレンズを選んで、ステップアップリングをかませればいい。

私はほんの数千円で手軽にマクロ撮影ができるようになって、超ご機嫌なのだ! (*^▽^*)

* 逆算手帳オフィシャルインスタ始めました *

逆算手帳の<無料>メール講座、やっています!

私のライフワークは「世の中をごきげんな人だらけにする」ことです。
毎日ごきげんで過ごすためのツールとして、逆算手帳を作りました。
「やらなくてはいけないこと」しか書かれていない手帳ではなく、「やりたいこと」がギュギュと詰まった手帳をいつも持ち歩いてもらいたいのです。

逆算手帳で一人でも多くの方がごきげんになってもらえるように、逆算手帳の活用法を<無料>メール講座でお伝えしています。ぜひご登録ください。

* 逆算手帳オフィシャルインスタ始めました *

逆算手帳の活用に役立つ情報をアップしていきます。ぜひフォローしてくださいね。

逆算手帳オフィシャルインスタグラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加