可愛い旅ノートの作り方:「紙もの」を集めるのがコツ!

スポンサーリンク

誰がなんと言おうと、可愛いものが好き!
ノートも日記も、可愛くて楽しいものにしたい!

パラパラと読み返したときに思わずニヤけてしまうような記録を残していきたい。

普段の日記・ノートも、テンションが上がる楽しげなものになるように工夫しているけど、
気分が上がる!可愛くて楽しい日記の作り方
旅行のときはもうちょい気合いを入れたい。

一泊二日のプチ旅行をしたので、その日記をもとに可愛い旅ノートの作り方を紹介してみよう。
とはいえ今回は観光目的の旅ではなく、「100年日記セミナー」を行うのがメインだったので、旅ノートもシンプルバージョンになっている。
満員御礼!「100年日記セミナー in 福岡」を開催したよ!

普段の日記との違いは、旅程表と地図があることぐらい。
あとは普段と同じように、行った場所・会った人・食べたものを中心に記録していく。

旅程表には、デイリー付箋紙が使える

150731_1

今回は二日分の大まかな予定を把握するため、「F.O.B COOP のり付メモ デイリー」(9時から22時までの目盛りがついた付箋紙)を利用した。

愛用している文庫サイズのノート(クオバディス Habana)には1ページに2枚並べて貼ることができるので、一泊二日のプチ旅行にはピッタリだった。
[文具/ノート] テンションが上がるエレガントなノート:クオバディス Habana(アバナ)レビュー

往復の新幹線の時間、待ち合わせの時間と場所、セミナー開始時間、ホテルのチェックインとチェックアウトの時間を記入。

これでいつどこにいる必要があるか、自由時間はどのくらいあるかがパッと見て把握できる。
空いたスペースにはちょっとイラストを描いて埋めている。

旅程表の隣のページにはざっくりとした手書きの地図。
正確な場所はiPhoneで確認すればいいので、だいたいの位置関係がわかればOKというレベル。

旅程表と地図を見開きページに配置しておけば、旅の概要を簡単に把握することができるよ。

150731_2

ちなみに、「F.O.B COOP のり付メモ」にはデイリーの他にToDoリストとウィークリーもある。
大きさがちょうどいいので、iPhone6の手帳型ケースにウィークリーの付箋を貼り、一週間のおおまかな予定を把握できるようにしている。これがなかなか便利で気に入っている。

旅ノートのために、「紙もの」を集めよう

150731_3

旅ノートを充実させるコツは、ズバリ! 「紙もの」を集めること。

旅行中の「紙もの」を入れておくための専用クリアファイルを持っていると便利。
私はA5サイズのクリアファイルの中に、レシートなどを全て入れておいた。

ごはんを食べたお店の箸袋、ショップカードは必ず入手することにしている。コースターとか紙ナプキンも可愛いデザインの場合はもらって帰る。

150731_4

なかでも重宝するのが、無料の観光案内パンフレット。
今回は宿泊したホテルのロビーにあったものをもらってきた。
観光案内所などでももらえるはず。

地図がわかりやすいし、写真やイラストもたくさん載っている。
観光名所の写真は自分で撮ったものより、プロが撮ったもののほうが優れている。少なくとも私の写真のスキルはプロにかないっこない。

旅ノートを充実させるために、観光パンフはぜひとも入手しておこう。
もちろん市販のガイドブックや雑誌記事も利用できる。

あとは自分で撮った写真をシールプリントすれば、旅ノートの素材が揃う。
スマホの写真をサクッとシール印刷できるプリンター Pocket Photo がオススメな理由

旅ノートのサンプル

今回は2日分で14ページの旅ノートになった。
少しサンプルを紹介しておく。

150731_5

ホテルにチャックインした後、荷解きする前に部屋やバスルームの写真を撮影した。
どんなところに泊まったか、旅の思い出として残しておくといいと思う。

150731_6

今回の旅の楽しみのひとつが、gram 天神ビブレ店のプレミアムパンケーキを食べることだった。

もちろん自分でもパンケーキの写真を撮ったけど、やっぱりプロの写真にはかなわない。レジのところに素晴らしい写真のパンフレットがあったので、しっかりもらってきた!

さすが、プロの写真は違う。
クオリティの高い写真を貼ると旅ノートのグレードがぐーんとアップすると思う。

150731_7

博多駅の写真は観光パンフから拝借。

このページでは写真などの周りを色鉛筆で飾ってみた。
ちょっと手を加えるだけで温かみがでると思う。

150731_8

二日目のお昼に食べた鯛めしが美味しかったー!

箸袋にあった鯛のイラストが可愛かったので写真とセットで貼っておいた。

まとめ

今回は観光名所にも行っていないし、ショッピングもしていない。
だから旅ノートの中身はシンプル。

ショッピングをした場合は買ったものの写真とレシートをセットで貼っておくといいよね。何をいくらで、どこで買ったかを簡単に記録できる。

観光名所の写真は上でも書いたけど、プロの写真を利用するほうがいいと思っている。ポストカードを買ってきてもいいと思う。

大事なのは、自分じゃなきゃ撮れない写真を撮ること。
なかでも忘れたくないのは、会った人の写真。

どこへ行って何を見たか、何を食べたかも旅の記録として大事だとは思うけど、誰と会ってどんな話をしたかということのほうが、旅の思い出としては大切だと思うから。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加