「おじいちゃんの方眼ノート」は、頭の中を可視化するために使っています。

170123_2

「おじいちゃんの方眼ノート」をどのように使っていますか?

というご質問を頂いたので、ご紹介しますねー!

と言っても、いたって普通の使い方をしています。σ(^_^;)
使い方というより、使う目的が普通ではないかもしれません。

ちなみに「おじいちゃんの方眼ノート」というのは、正しくは「ナカプリバイン 水平開き 方眼ノート」(A5 5mm罫 30枚 )という商品のことです。

「書く」と見える。自分の頭の中が

私が「おじいちゃんの方眼ノート」を使うのは、頭の中を可視化するためです。

170123

この写真は「逆算手帳をどう説明すればいいかなー?」と考えていたときに、ふと思いついて書いたものです。

逆算手帳は包丁やまな板と同じように、あくまでもツール(道具)です。
大切なのは道具を使って何をしたいのかということ。

逆算手帳は「わくわくする未来を実現するため」のツールですよ、というのをイラストを使って説明してみました。

考えていることをこうして「書く&描く」ことで、自分にもわかりやすいし、他の人に説明するのもわかりやすくなります。

私は書きながらじゃないと頭を整理できなくて、紙に書いてみて初めて「へーー、そんなこと考えてたんだー!」と気づくことも度々です。

だから、自分の頭の中を見える化するために「おじいちゃんの方眼ノート」を使っています。

バーコードインデックスをつけると便利だよ!

一冊のノートにいろんなテーマについてごちゃ混ぜで書いています。

「そういえば、前に書いたアレはどこだっけ?」という時、すぐに探せないとものすごくストレスを感じます。

そこで、ノートの一番最後のページにバーコード式のインデックスを作っています。

170123_3

これで目的のページを瞬時に見つけることが出来ます! あーーー、気持ちいい♪

170123_4

「あっ!」と思った瞬間にノートを開けるようにする

見たいページを瞬時に開けないとイライラするのと同じように、「あっ、そうだ!」とひらめいた時、瞬時にノートを開けないというのはどうしても、どうしても我慢できません!

そこで、3Mのフィルム付箋(大きめのインデックスタイプのもの)を「次のページ」に貼っています。

170123_5

こうやって少しだけはみでるように貼っておき、ノートを開きたいときはこの付箋を持ってパッと開くだけ。これで瞬時に書き始めることができるんです。

170123_6

ページ上のほうで使っている付箋はカンミ堂さんの cocofusen CARD ドット です。色がキレイで気分が上がります。(*^~^*)
(でも、粘着力が弱いのでノートを開くために使うには不向きです)

170123_7

ということで、変なこだわり満載の「おじいちゃんの方眼ノート」の使い方でした(笑)。

* 逆算手帳オフィシャルインスタ始めました *

* 逆算手帳オフィシャルインスタ始めました *

逆算手帳の活用に役立つ情報をアップしていきます。ぜひフォローしてくださいね。

逆算手帳オフィシャルインスタグラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加