時間管理の基礎:4つの「ゴールデンタイム」で効果的に時間を使う

bnr_gm

180331

時間帯によってどう使うのが「効果的」かは違う

一日は24時間と決まっていますが、同じ1時間でも、時間帯によってどう使うのが「効果的」かは違ってきます。
そのため、私は4つの「ゴールデンタイム」を意識して時間配分しています。

1.早朝(5時前後)は夢実現のゴールデンタイム
2.午前(9-11時)は仕事のゴールデンタイム(1)
3.夕方(16-18時)は仕事のゴールデンタイム(2)
4.夜(22-2時)は睡眠のゴールデンタイム

逆算手帳のオプション商品である逆算ウィークリーは、この4つの「ゴールデンタイム」を意識した逆算型の時間術を実践するためのツールです。

GW02_1

2つの締切りから「逆算」して、スケジュールを決めよう!

睡眠のゴールデンタイムまでに就寝しようとすると、22時が一日の「締切り」となります。

もうひとつ、その日の仕事の「締切り」も決めます。
就業形態によって違うのは当然なのですが、逆算ウィークリーでは18時を終業時刻として設定しました。

私は自営業なので何時まで仕事をするかを自由に決めることができます。これがタイムマネジメントでは要注意。
ちゃんとルールを決めておかないと生活リズムがぐちゃぐちゃになってしまいます。生活リズムの乱れは生産性の低下につながりますから、出来る限り避けなくてはいけません。
ですから18時までに仕事を終え、18時からブログを書くことを基本パターンと決めています。

一日の「締切り」と仕事の「締切り」を決めて、そこから「逆算」してスケジュールを組んでいく。
これが「逆算」時間術の基本です。

仕事は4種類に分けて、最適な時間帯に行う

では仕事の予定の組み方を詳しくみていきましょう。
まずは仕事の内容を4種類に分類します。

1.集中力を必要とする仕事(企画を考えるなど)
2.さほど集中力を必要としない仕事(メールチェックなど)
3.人と交流する仕事(電話連絡や打合せなど)
4.先読みする仕事

集中力を必要とする仕事は、頭がスッキリして集中力が高い時間帯、つまり、仕事のゴールデンタイム(1)である午前(9-11時)に予定を入れます。

集中力を必要とする仕事を午前中に終わらせることが出来なければ、その日はできないと自分に言い聞かせています。
「午後にやろう」と思っても、私の場合は無理。何度も失敗して学びました。もし午前中に出来なければ、その日は諦めて翌日の午前中に予定を組み直します。

さほど集中力を必要としない仕事は、仕事のゴールデンタイム(1)の後、11-12時ぐらいに行います。
メールチェックを朝いちに行ってしまうと、本来集中すべきだった重要な仕事ではなく、「メールに反応する仕事」を先にやってゴールデンタイムを台無しにする可能性があります。
だから重要な仕事を終わらせて、少し脳が疲れてきたときに気分転換も兼ねて雑務を行うほうがいいのです。

人と交流する仕事はなるべく午後に予定を入れます。
私自身は「平日午前のアポは入れない」というルールを作っています。午前のゴールデンタイムを確保するためです。
お昼ごはんを食べて集中力が欠けてきたとしても、人と話すことで刺激を受け、眠くなることを避けられます。打合せなどの予定が入っていないときは、家事で体を動かすことでリフレッシュしています。

最後の先読みする仕事というのは、ざっと今後の予定を確認し、「今、なにをやっておくのが良いのか」を考えること。
打合せの議事録をまとめたり、見積書を作りながら今後の予定を組んだり、誰にどういう根回しをしておくのが良いのかを考えたりします。

これも頭を使う仕事なので集中力が必要です。
人と話したり体を動かすことで脳の疲れがとれてまた集中力が上がってきます。
仕事のゴールデンタイム(2)である夕方(16-18時)に先読み仕事をすることで一日を総括し、先手を打つ余裕をもつことができます。

夢を実現するには、「早朝」を活用しよう!

22時までに就寝し、しっかりと睡眠をとることができれば、早朝はスッキリと目覚めることができます。

早朝(5時前後)は夢実現のゴールデンタイムですよ!

私自身は2時から5時ぐらいの間に目覚めることが多く、早朝に「未来のために出来ること」をしています。

逆算手帳を見ながら作戦を練って、計画を見直し、「最も効果的なことは何か?」を考えることからスタートします。

割り込みが入ることがない、完全に集中できる時間帯。
それが早朝という特別な時間です。
理想の未来を実現できるかどうかは、早朝を活用できるかどうかにかかっていると言ってもいいでしょう。

自分にとっての「ゴールデンタイム」を見つけよう

4つの「ゴールデンタイム」とそれ以外の時間帯の使い方をご紹介しましたが、実際には一人一人、「ゴールデンタイム」は違っています。

自分にとっての「ゴールデンタイム」を見つけてください。

また、一日だけでなく、一週間の中でも集中力やエネルギーレベルに波があります。

タイムマネジメントとは、時間を効果的に使うこと。「いつ」「何を」行うのが最も「効果的」かを考えて、最適な時間配分を行うことです。

エネルギーレベルが高く、集中力が増す時間帯に重要なことを行いましょう。
さほど集中力を必要としないことは、それ以外の時間帯にスケジュールを入れましょう。

ただこれだけのことで、生き方がガラッと変わりますよ。

bnr_gm

* 逆算手帳の<無料>メール講座、やっています!

私のライフワークは「世の中をごきげんな人だらけにする」ことです。
毎日ごきげんで過ごすためのツールとして、逆算手帳を作りました。
「やらなくてはいけないこと」しか書かれていない手帳ではなく、「やりたいこと」がギューーーュと詰まった手帳をいつも持ち歩いて、ゆっくりとでも着実に、やりたいことを実現していきましょう。

「逆算思考」で夢の実現&目標を達成する「逆算」手帳術を<無料>メール講座でお伝えしています。ぜひご登録ください。

* 逆算手帳オフィシャルインスタやっています *

* 逆算手帳オフィシャルインスタもやっています! *

逆算手帳の活用に役立つ情報をアップしていきます。ぜひフォローしてくださいね。

逆算手帳オフィシャルインスタグラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加