ふわふわした願いは「プロジェクト化」で実現しよう!

bnr_gm

9月16日『逆算手帳の習慣』の出版記念特別セミナーを、朝活ネットワーク富山にて開催させて頂きました。今回は特別に「朝活」じゃなくて「昼活」にしていただきました。

朝活ネットワーク富山は、誰でも参加できる学びの場・交流の場として
2009年10月にスタートしました。
参加者が講師になって発表したり、
東京から著者をお招きしてのセミナーを開催しています。

今回のセミナーテーマは「プロジェクト化」。
どのようなテーマでセミナーを開催するか事前に検討していただき、リクエストが多かったからです。

「プロジェクト化」というのは『逆算手帳の習慣』でもご紹介していますが、このブログでも5回の連載記事を書いています。

⇒ 連載1:夢の実現力を上げるための「プロジェクト化」とは
⇒ 連載2:夢プロジェクト成功の第一歩は、情熱と人生へのインパクトで「ふるい分け」すること
⇒ 連載3:家を建てるのに設計図が必要なように、夢プロジェクトにも設計書が必要です
⇒ 連載4:夢を一口サイズに切り分ければ、今日なにをすべきかがわかります
⇒ 連載5:夢実現の成功率を上げるために、(1)成果と(2)プロセスのレビューを行います

望んでいることが「ふわふわ」したままだから、うまくいかないんですよ

ほとんどの方は、望んでいることが「ふわふわ」したままです。
「痩せたい」「キレイになりたい」「英語が話せるようになったらいいのに」「もっと写真が上手になりたい」「片付けしてスッキリしたい」等々。

これらの願いは全て曖昧。具体性がありません。

「いつまでに」「なんのために」「どうなっていたいのか」を決めると、プロジェクトとして扱うことが出来るようになり、具体的なプランを作ることができるんですよ。

今回のセミナーでは途中で時間が足りなくなりましたが(私が余計なことをしゃべりすぎてしまいました)、ワークシートを使って「プロジェクト化」を体験して頂きました。

どんなことでもそうですが、頭でわかったつもりになっているだけではダメなんです。
実際にやってみることで、「プロジェクト化するとうまくいく」ことが少し伝わったと思います。

また、「プロジェクト化」の意味がわかると、ガントチャートの使い方も理解できます(プロジェクトがどういうものかわかっていないから、ガントチャートの意味もわからない)。

「プロジェクト化」のために使う4種類のツールがあるのですが、『逆算手帳の習慣』の中で記入例をご紹介していますので、参考にしてみてください。

bnr_gm

* 逆算手帳の<無料>メール講座、やっています!

私のライフワークは「世の中をごきげんな人だらけにする」ことです。
毎日ごきげんで過ごすためのツールとして、逆算手帳を作りました。
「やらなくてはいけないこと」しか書かれていない手帳ではなく、「やりたいこと」がギューーーュと詰まった手帳をいつも持ち歩いて、ゆっくりとでも着実に、やりたいことを実現していきましょう。

「逆算思考」で夢の実現&目標を達成する逆算手帳術を<無料>メール講座でお伝えしています。ぜひご登録ください。

* 逆算手帳オフィシャルインスタやっています *

* 逆算手帳オフィシャルインスタもやっています! *

逆算手帳の活用に役立つ情報をアップしていきます。ぜひフォローしてくださいね。

逆算手帳オフィシャルインスタグラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加