30日間で逆算手帳をマスターする<メール講座 Day02>の内容

bnr_gm

Day01 だけでなく、Day02 も届いていない方がいらっしゃるようなので、ブログに掲載しておきます。
(Day03 は無事に届いているそうで、不思議です・・・)

逆算手帳2019 メール講座 2日目の内容

逆算手帳メール講座の2日目です。

やりたいことリスト下書きの進み具合はいかがでしょう?
サクサク書けているでしょうか?

もしあまり進んでいなくても大丈夫です。
先に「Do not List(やらないことリスト)」を書いてみま
しょう。

順調に進んでいる場合も、やりたくないことを書き出して
みることで新たな発見があると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <逆算手帳2019 メール講座>   Day 02
――――――――――――――――――――――――――
 ■ 目次 ■   本日の内容はこちら

 1.やらないことリストでさらに本音をあぶり出そう
 2.やらないことリストに書く3種類のこと
 3.編集後記
――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――
■ 1.やらないことリストでさらに本音をあぶり出そう ■
――――――――――――――――――――――――――

やりたいことを100個書き出すのは、建前ではない本音の
願望を引き出すためです。

大人になるにつれ、本音を押し殺して建前を優先させる
場面が増えていきます。
建前に慣れるにしたがって自分の本音がわからなくなって
しまうこともあります。

私が一番最初にやりたいことリストを書こうと思ったとき、
ほんの数個しか書けなくてショックを受けました。

自分がなにをやりたいのか、どうなりたいのか、自分のこと
なのにまるでわからなかったからです。

その時どうしたかというと、ノートの別のページを開いて
やりたくないこと、本当は嫌なのにこれまで我慢していた
ことを書き出していきました。

やりたいことは出てこないのに、嫌なことはたくさん出て
きて、自分でも笑ってしまうぐらいでした。

そうやって自分に正直になれたことで、やりたいことも
書けるようになりました。

また、嫌なこと、やりたくないことを裏返すとやりたいこと
になります。

私が真っ先に書いた嫌なことは、「通勤すること」でした。
満員電車に乗って会社へ行くというのが、苦痛で苦痛でどう
しようもなかったから。

「通勤すること」を裏返した結果、私の望みは家で好きな
時間に好きなだけ仕事をすることでした。

もうひとつ、もの凄く嫌だったのは「営業すること」でした。
これを裏返すと、こちらから営業しなくても、仕事の依頼が
舞い込んでくる仕組みをつくればいいとわかりました。
実際にその仕組みを作ったことで、ストレスが大幅に減り
ました。

ということで、、本音を引き出すためにやりたくないこと、
本当は嫌なのにこれまで我慢していたことを Do not List
に書き出してみてください。

――――――――――――――――――――――――――
■ 2.やらないことリストに書く3種類のこと ■
――――――――――――――――――――――――――

やらないことリストには、次の3種類を書いてみましょう。

 1.(ポリシーとして)やりたくないこと
 2.本当は嫌なのにこれまで我慢していたこと
 3.やらないと決めたこと

3番目の「やらないと決めたこと」というのは、自分にとって
良くないことだからやらないと決心したことです。

たとえば、こんなこと。

 ・仕事中に甘いものをつまむこと
 ・SNSをダラダラと見続けてしまうこと
 ・観たいわけでもないのに、習慣としてテレビをつけること

今はとりあえず思いつくことを書いてみてください。

このメール講座の28日目でご紹介する Daily Vision を
書いてみると、さらにやらないことが出てくるはずです。

また、逆算手帳を使っていくうちに失敗した経験からの
学びが蓄積されるようになります。
(そのことについては30日目でお伝えしますね)
その学びからも、やらないと決心することが出てくるはず
です。

たとえば私の場合、お酒は2杯以上飲まないと決めました。
2杯までなら翌日に影響はないのですが、それ以上飲むと
翌日のパフォーマンスがガタ落ちになってしまうという失敗
から学んだからです。

Daily Vision で分析したこと、経験から学んだことからも
やらないことリストに随時追加していってくださいね。

――――――――――――――――――――――――――
■ 3.編集後記 ■
――――――――――――――――――――――――――

9月6日発売の書籍『逆算手帳の習慣』では、逆算手帳を
活用していただくためのベースとなる考え方についてできる
だけわかりやすくご紹介しました。

もちろん、ライフビジョンの作り方やプランニングのやり方
についても背景となる考え方を含めてご紹介しています。

今日ご紹介したやらないことリストについては、第5章の
事例の中で登場します。
やらないことリストを書く意味がさらによくわかると
思いますので、書籍のほうもチェックしてみてください。

それではまた明日!
逆算手帳でワクワクする未来を実現していきましょう。

bnr_gm

* 逆算手帳の<無料>メール講座、やっています!

私のライフワークは「世の中をごきげんな人だらけにする」ことです。
毎日ごきげんで過ごすためのツールとして、逆算手帳を作りました。
「やらなくてはいけないこと」しか書かれていない手帳ではなく、「やりたいこと」がギューーーュと詰まった手帳をいつも持ち歩いて、ゆっくりとでも着実に、やりたいことを実現していきましょう。

「逆算思考」で夢の実現&目標を達成する逆算手帳術を<無料>メール講座でお伝えしています。ぜひご登録ください。

* 逆算手帳オフィシャルインスタやっています *

* 逆算手帳オフィシャルインスタもやっています! *

逆算手帳の活用に役立つ情報をアップしていきます。ぜひフォローしてくださいね。

逆算手帳オフィシャルインスタグラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加